読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マネーギルド 

マネーギルドでお金の情報レベルを上げてみる

50周年の安心!法人カードでも三井住友ビジネスカードは充実したサービスがお得!

どうもグリルです。

 

今回は「三井住友VISAカード」で有名な三井住友カードが発行する法人カード、

「三井住友ビジネスカード」にクローズアップしてみたいと思います。

法人だけではありません!
個人事業主の方も、法人カードを持つことができます!

フリーランスでお仕事をしている方も必見です!

 


==目次==

 

安心!安全!信頼の三井住友ビジネスカード

みなさんテレビCMで一度は見たことがあるかと思います「三井住友VISAカード」。

もちろん三井住友カードでも法人カードを発行しています。

 

f:id:freshkale:20170510015446p:plain

三井住友カードは50周年を迎えたそうです。

  歴史ある会社は信用も置けて安心ですね。

 

三井住友カードの法人カードのお得な特徴とは?

 

三井住友カードの発行する法人カードには以下のような特徴があるようです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三井住友フィナンシャルグループの発行するカードで、知名度が高く安心。

f:id:freshkale:20170510020234p:plain

 

②セキュリティーが万全(不正利用がないか365日24時間モニタリングを行っている)

f:id:freshkale:20170510020432p:plain

 

③サポート体制が万全(入会〜利用時まで、Webや電話での問い合せ受付体制が万全)

f:id:freshkale:20170510021036p:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

三井住友グループでもあり、

かなりしっかりした体制で利用者をサポートしているので、

利用する際には非常に安心ですね。

 

三井住友ビジネスカードの種類は大きく分けて4種類!

三井住友ビジネスカードには大きく分けて4つの種類があるようです。

 

①三井住友コーポレートカード(大企業向け)

┗主な特徴:カード利用者が20名以上       

 利用者ごとの個別決済方式を導入が可能

 

②三井住友パーチェシングカード(大企業向け)

┗主な特徴:特定のお店での支払いに限定して利用可能

 

③三井住友ビジネスカード(中小企業向け)

┗主な特徴:支払者が複数人いる会社におすすめ      

      法人与信として審査

 

④三井住友マーチャントメンバーズクラブ(個人事業主向け)

┗主な特徴:個人与信として審査      

      従業員用カードの発行も可能

 

f:id:freshkale:20170510021358p:plain

 

事業規模によってカードの種類が変わるようです。

 

日本の大企業と呼ばれる企業は全体の0.3〜0.5%程度と言われているので、

ほとんどの会社が、

③三井住友ビジネスカードか④三井住友マーチャントメンバーズクラブ

が対象になってくるかと思います。

 

それではもう少し詳しく、この2つのカードについて見てみることにしましょう。

 

法人のみが申し込み可能!充実したサービスの三井住友ビジネスカード!

 

先程記載したように、三井住友ビジネスカードは、

「法人のみ」が対象となっているカードとなります。

 

カード種類は、一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの3つに分かれており、

一般カードの年会費は1,250円(税抜)と安いです。

 

f:id:freshkale:20170510021658p:plain

 

※2枚目以降の発行は400円(税抜) 法人与信として審査を行うため、

 年齢や性別等関係なく申込みが可能です。

 

また、カードが発行された際には、個人与信と法人与信で分けて利用することができ、

クレジットカードの利用の幅が広がるのが嬉しいですね。

 

海外旅行保険も完備されており、

出張の多い会社には、不足の事態に備えたいと考えている会社にもおすすめです。

基本的なスペックは以下の通りとなっています。

 

f:id:freshkale:20170510021816p:plain

 

 

従業員用のカードも発行可能!三井住友マーチャントメンバーズカード!

 

個人事業主の方は、すでに持っている個人カードで事業の支払を行って、

確定申告の際に苦労してしまう。。。

 

そんなことはありませんか?

 

個人事業主も事業用のカードを持つことによって、

「公私混同しないお金の管理」が可能になります。

 

マーチャントメンバーズカードには、一般カードとゴールドカードがあります。

一般カードの年会費は、ビジネスカード同様1,250円(税抜)となっています。

f:id:freshkale:20170510021948p:plain

 

※2枚目以降の発行は400円(税抜)

こちらも基本的なスペックを以下にまとめておきます。

 

f:id:freshkale:20170510022124p:plain

 

付帯サービスも充実!おすすめのサービスをご紹介!

 

ここでは私グリルが厳選する、三井住友法人カードのおすすめサービスを紹介します。

 

じゃらんNet

f:id:freshkale:20170510022335p:plain

法人限定の出張ホテル予約サービス。

通常よりも安い価格でホテル予約が可能で、出張コストの削減も可能。

法人一括決済サービスを利用して、ホテル代金の一括後払いも可能。

 

 

事業を行う上で、出張はつきものですよね。

出張の度にお金の工面やホテルの予約を行うのは非常に煩わしい作業です。

このサービスを利用すれば、出張時の負担が軽減し、コスト削減も可能になります。

従業員の出張の際にも領収書の精算作業がなくなるので、

業務をよりスマートに行うことができますね。

 

※このサービスを利用できるのは、

  三井住友ビジネスカード(マーチャントメンバーズカード)のみとなります。

 

国内出張が多い会社には特におすすめですね。

 

②福利厚生サービス

f:id:freshkale:20170510022847p:plain

「ベネフィット・ステーション」を、特別価格(月320円/名)で導入可能 。

 

会社の福利厚生は、従業員のモチベーション向上に有効です。

一緒に働く従業員の満足度向上のためにも、是非導入したいサービスですね。

 

③サポートデスク

・VJデスク:世界各国の役立つ情報やサービスを日本語でご案内

・エアライン&ホテルデスク:希望線路の国際線航空券と

              世界各地のホテルを予約や手配

              お得な格安航空券やホテルも多数あり

 

海外出張は国内出張と異なり、準備や手配が難しいため、苦労することが多いです。 このサービスがあれば、海外出張もラクに行くことができます。

 

④VJタクシーチケット

接待の送迎等で支払してもらいたくない相手と、

複数のタクシーを利用する際におすすめなサービスです。

 

主要タクシーがサインのみで利用可能

チケット発行には手数料がかかります。※300円(税抜)

 ※法人ゴールド会員は無料で利用可能 複数名での接待等、

   行き先があらかじめ決まっていれば、

      チケットへの簡単な記載で支払が完了します。

取引先とのスムーズな接待や、

タクシーに同情できない際の取引先への気遣いとして、 利用が可能です。

 

⑤EX-IC 

このサービスは、ビジネスカードのみ利用可能(マーチャントメンバーズクラブは対象外) になります。

 

東海道新幹線(東京〜新大阪間)のネット予約&チケットレスサービスで、

Web上での予約もでき、座席のリクエストも可能になります。

 

会議の延長等で間に合わない時にも手数料無料で何度でも予約変更可能

※年会費500円(税抜)がかかります。

 

時期によっては駅の券売機は長蛇の列となっていることがありますよね?

そんな時にもスムーズに新幹線に乗れます。

間に合わない時に予約変更ができるのも非常に嬉しいサービスです。

 

その他にも法人向けサービスが充実しています。 個人カードのみでは受けることのできないこういったサービスがあるのが、 法人カードのいいところですね。

 

まとめ こんな人には三井住友ビジネスカードがおすすめ!

 

・国内外の出張が多く、予約などの準備やコストの削減を行いたい方

・接待等取引先とのやりとりを円滑に行いたい方

・クレジットカードとしての安心安全感を重視している方

 

法人カードはあなたの「ここが大変」と思っているところを、

サポートしてくれる心強いカードです。

まだ持っていない方はこの機会に発行を検討してみてはいかがでしょか。

 

では。